検索ボックス

<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最近の記事
最近のコメント
苗床準備 by budou83 (01/13)
暗欝な日々 by budou83 (11/05)
桜の咲く前に by 楞野昌彦(かどの) (04/01)
クイーンニーナ by 宮下正之助 (09/08)
桜の咲く前に by ぶどう83 (03/20)
最近のトラックバック
カテゴリ
過去ログ
Powered by さくらのブログ

2017年08月24日

アカリちゃん

「おじちゃーん!おじちゃーん!」夕方野菜畑に行くと3歳の女の子が大きな声と共に駆け寄ってくる。ちょっとやんちゃな顔が可愛くて、思わず笑ってしまう。「アカリちゃん元気にしてた?」「うん。」程度の会話なのだが、いつの間にかそれが楽しみとなって、今日は会えるかなと思いながら、仕事を終えた夕方毎日野菜畑へ行く。
アカリちゃんの住むアパートは野菜畑の土手上にあって、ことの始まりは、アカリちゃんのお母さんヒサヨちゃんが、「野菜大きくなりましたね。」と声を掛けてきた時からです。声の方を振り向くと、若いお母さんとそのズボンを掴んだ小さな女の子が居て、負けん気の強そうな顔で見慣れぬおじさんを見定めようとしている様子が私を笑わせていました。
夕方時々お母さんと話すようになり、自家用野菜のおすそわけということもあって、アカリちゃんも味方だと認めてくれたようで、「おじちゃーん!」がはじまったようです。その声が大きくて、初めの頃私は少し照れくさくももあったのですが、でもそれ以上に嬉しくてなんだか元気も出てくるのです。
この様子をじっと見ていたうちの奥さんが、羨ましがって半年後あたりから参戦してきました。私が目をぱちぱちするほどの積極さで、子供たち(アカリちゃんと1歳半の弟ダイゴちゃん)を水族館に連れて行ったり、タコ飯クルーズ船に連れて行ったり、アカリちゃんの声も「おじちゃーん!」はすっかりトーンダウンで、「おばちゃーん!」ばかりが大きくなって、奥さんもなんとなく勝ち誇っているような気配でした。
子供に恵まれなかった私達夫婦は、アカリちゃんやダイゴちゃんで孫を体験しているような感覚が得られて、年をとってこんなこともあるんだねと二人で喜んでいました。
でもあまり親密になると、何時来るか分からない別れがつらくなるばかりだという思いもあったのですが、分かっていてもやはりブレーキは掛けられませんでした。
別れはあまりに突然にやってきました。盆休みで岡山に帰省していた一家が1週間ぶりに帰ってくると、仕事の都合で岡山に引き上げることになったと言う。私と妻は顔を見合わせてしばし絶句。
嬉しいこと楽しいことがそう長く続かないのは、この年になればよく理解はしているはずなのだけれど、別ればかりが増えてくると、嬉しさ楽しさも底知れぬ無常感の上に乗っかっているのを更に知るばかりです。
車で1時間も走れば会えるほど近いところにいるのだから、その気になれば何時だって会えるよと、妻を慰めたのか自分に言い聞かせたのかよく分かりませんが、そう思うと少し落ち着きます。
一瞬でも嬉しい楽しい出会いがあれば、その幸運にただ感謝するばかりです。何時までも持続したいと欲張るから辛さが増すのだろう。もう一家が居なくなったアパートを見やりながら、元気で、健やかに、と祈ります。
posted by 明石 at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 園主の独り言

2017年08月07日

よりフリーに

カラオケに行くほどだから、この先の私はなんでもありそうだと、どこかでときめいているのを覚えます。そう遠くない将来に訪れるだろう自分の死を思いながら、残された時間に燃え上がる命があれば、燃え尽くさねばと思ったりします。
「書く」ということもその一つです。「ぶどうの明石園芸」を立ち上げて、そのアシスト的にブログを書き始めたのが、丁度60歳の時で、「書く」ということに向き合ったのは35年ぶりだったと思います。5年間ブログは週一回更新し続けたのですが、当初から書き始めるとブドウにとどまらないことは分かっていました。
私は20代半ばまでに一旦「書く」ことを止めようと決意し、30年後に生きていてまだ「書く」ことへの何かがあるのなら、その時再び「書く」ことに向き合おうと思いを定めていました。
この時「文芸」の「芸」の部分は捨てたと思っています。「芸」とは文章を磨くことだから、それを放棄するのは、プロにならないということです。
5年間ブログを続けてみて、「芸」的には当然がっかりすることも多々ありますが、内容的には自分の選択は間違っていなかったと納得できたりもします。
2年4カ月ぶりにブログを再開したのは、「書く」のか「書かない」のか、年齢的にももういい加減に結論をだしたいからです。
もうすこし単純に、書きたい欲求その中身に、身をまかせなければと、気難しくうるさい自分を無視しようと思うようになってきています。
posted by 明石 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 園主の独り言

2017年07月31日

不明さの中で

カラオケに行くなど在り得ないと思っていた自分が、まさかのカラオケ通いを始めた経緯を書き続けてきましたが、言いつくしているかと言えばそうとも思えない節があります。意識の流れはほぼその通りだとしても、動機が突き詰めると不十分というか不明です。あまり好きではないので歌わなかったのだけど、「その気になれば歌えます!」というような自分がどこかにずっと潜み続けていたのはいつも感じていました。「歌の才能が目覚めようとしていた」と前述しましたが、「その気になれば歌える!」自分が覚醒したと言う方がより正解だと思えます。
60代後半になって、思いもしなかった自分と出会えるのは嬉しいです。更に、この年になって未知の自分と出会うほどに、私はいまだに私自身を把握しきれていないし、それはどこまで行っても変わらないのだろうと思います。命の源泉の無尽蔵さのなかに自分と言う命もあるのだと思うことが、今となっては私を安らかにさせてくれるようです。
思えば、「生きるのだ!」と命の濁流に身を投げた20代初期、「欲望の赴くままに!」と意を決した時から始まっていたのだと、今はっきりそれが見えます。
posted by 明石 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 園主の独り言

2017年07月29日

カラオケ採点

歌う時に私の意識にはご本家歌手を上回れるか、あるいはご本家と違う自分の味を出せるか、という思いが常にどこかにあります。そのため歌へのアプローチの角度をご本家とどこか違えて自己流が強くなったりしますが、反面音程は悪くなる一方ではとの思いが増大していました。
カラオケ通い2年目からは採点モードにして音程コードを出して歌い、音程正確率80%を目標としました。アレンジなどという程度ではなく、まるっきり自己流に歌っていることを自分で分かっていたから、80%は結構高い目標でした。
ところがこのカラオケ採点はやればやるほど不信感を募らせます。音程コードに声がぴったり重なってズレも殆どないのに、音程率は70%前後の評価というのが多々あります。私の場合だと、低い声とか優しい声とかは、どれほどコードぴったりでも全く評価されません。1年続けてみて分かったのは、カラオケ採点は評価される声であるかどうかがすべてだということです。では、どんな声が評価されるのかですが、ネットで調べてみると「普通の声」とありますが、その中身には触れていない。
私の連れのY氏はことのほか評価される声質であるようで、「神業」とか「天にも昇る心地よさ」とかのコメントが出てくることがあってびっくりします。Y氏が以前久しぶりにXJAPANの「ForeverLove」を歌った時、コードを目茶苦茶に外しまくったのですが、それでも点数は90点以上、音程は80%以上で、評価される声であればまともに歌えなくともこんな点数出すのだと、その採点構造に呆れてしまいました。
DAMの採点構造をネットで調べられる限り調べ、1年余りの実践を経て思うのは、点数にそれほど意味はないということです。あくまでもゲームとしての採点であって、歌の上手さ、良さを評価する構造ではないようです。歌の上手さ、良さを評価できるようにするなら、AIでも組み込まなければと思います。
カラオケ採点の点数を追っかけると、歌は壊れるし、歌い手の個性も壊れて、ちょうどアヒルのガアガアうるさい声だけ残りそうだと思ってしまいます。
posted by 明石 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 園主の独り言

2017年07月27日

スーパーフライ 続き

「黒い雫」「新世界へ」「On Your Side]の3曲は、どうにか歌えるようになるまで、通常の3倍の時間を要しました。「新世界へ」などよくもこんな変てこな曲が作れたものだと呆れます。これを歌として歌える人がどれだけいるのか総じて疑問です。
「On Your Side」は私にとってスーパーフライとの出会いで、ロックを刻みこまれた1曲となりました。越智志帆以上の絶叫スタイルで歌ってみて、自分の声がロックに昇華しきったと感じた時、本当にロックを歌えるようになったのだと実感を得ました。
「Beautiful」を含めての4曲、自分ではそこそこ歌えると思っていますが、他人の耳にどうなのかは、私には分かるはずもありません。
それにしてもと思うのは、60代後半になって初めて本気で歌に取り組んで、2年目で最高峰スーパーフライのしかも難しい曲に挑む、この無謀さは何でもやり始めたら頂点を目指さずにはおれない、厄介な性格の賜物なのだろうと、自分ごとながらどこかため息がでます。
自分の可能性を見極めることが動機の殆どで、他者に歌を聴かせたいという欲求は私には乏しいです。だから大勢の人前で歌うことは多分ないと思いますが、たとえば「のど自慢」に出るとかを遊び心で空想したりすると、歌う曲は無論スーパーフライの「On Your Side」あたり。年齢と曲との極端なギャップに加えて、突き抜けるようなハイトーンの絶叫となると、それは面白いだろうなと笑えてきます。
posted by 明石 at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 園主の独り言

2017年07月25日

スーパーフライ

今歌える曲数はどれほどあるだろうかと思うと、とてもではありませんが数えられないように覚えます。アニメとか島歌まであらゆるジャンルに踏みこんでいる上、たとえば演歌だけでも歌える歌手名は男女合わせて50名には達するだろうし、ポップ、ロック、フォークを合わせるとそれ以上の数になりそうで、時々一緒に歌うライブなどをやっているお姉さんに言わせると、短期間に信じられないほどのレパートリの広さ、多さだそうです。山口百恵、松田聖子あたりでも3曲程度なら歌えるのだから、それは凄いと自分でも思います。
XJAPANもEXILEもASKAもゴスペラーズもドリカムも絢香も伊藤由奈もMISIAも、男とか女とか関係なく、その気になった曲は片端から覚えて歌ってきました。その挙句1年前に出会ったのがスーパーフライ越智志帆です。
越智志帆にはぞっこん惚れました。あんな綺麗な優しい声でど迫力のハードロックまで底知れぬ領域を持つのだから凄いです。スローバラードからハードロックまでの越智志帆、どちらも好きですが、「EYES ONME」の優しい声もことに好きです。今や作曲まで手掛けるシンガーソングライターですが、テンポの早いロックにやや古めかしい言葉を上手く乗せるものだと、そのセンスにも感心します。
MISIAも声域声量に定評のある歌手ですが、越智志帆は次元が違うように感じてしまいます。MISIAはどの曲も同じように聞こえてしまうようなところがありますが、声の出し方が一定でバリエーションが乏しい、つまり声に表情が乏しいように思えます。
歌における表現力とは、声の表情がどれだけ豊かであるかということなのだろうと思ってます。嬉しい時には嬉しい声で、悲しい時には悲しい声で、優しい声、怒り声等々、歌でも芝居でも違いは歌声と言葉だけの違いで、感情表現は基本的には同じなのだろうと思います。
スーパーフライで私が最初に歌ったのは「Bi−Li-Li Emotion」ですが、予想に反してすんなり入れました。次は「マニフェスト」でしたが、この高さも問題なくて、声域上の相性の良さを感じ取っていました。昨年12月頃「黒い雫」等5曲入りのCDに取り組んだのですが、色っぽく艶っぽく進化して更に次元が変わった越智志帆が歌っていて、これは覚えても私では到底歌にならないだろうと強くおもったのですが、難しい歌をどこまで歌えるか、それこそを私は課題としていたのだから、ここで止める訳にはゆきません。
posted by 明石 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 園主の独り言

2017年07月23日

歌三昧

週3回のカラオケ通いが始まって、夜はCDで歌を覚えるばかりと、仕事以外では歌三昧の日々となりましたが、時折本当に自分なのかと疑うこともありました。自分でも信じられないような変節に、自分の気付いていない動機が他にあるのでは、たとえばこんな年になっても歌の才能が密かに目覚めようとしていたとか、そのように考えないと合点がいかないようでもありました。
この年でカラオケとなると演歌と直結されがちですが、どこまで歌えるようになるかという課題にはジャンルは関係なく、最高峰と言えるような難しい歌に挑戦するということが念頭にあって、まずは自分の耳で最高峰を探すことからです。
最初に出会ったのは島津亜矢さんです。NHK日本の歌シリーズの中でも特に「日本の歌Z」で、歌はこうやって歌うものですよと教えてもらったように思っています。このCDの中で圧巻だったのは「函館山から」の「今はただ胸にしみるひとりの寒さよ」の箇所、その声は楽器を奏でるように美しくため息ものでした。あの声を殺して唸り節ばかりでは勿体ないだろうと思っていたら、本人にもその欲求が渦巻いているのか、ポップとか新曲でも最近では唸らず綺麗に高く声を伸ばす歌をよく歌っているようです。美空ひばりさんの「哀愁波止場」を歌いこなせるのは亜矢さんしかいないだろうくらいに、歌う能力の高さでは、演歌界では今この人が最高峰だろうと思っています。
楽器を奏でるように綺麗な声といえば、MAIJさんも語尾の伸ばし方が格別綺麗で、真似ようと練習を重ねたけれど届きませんでした。発声法が違うということがあるように感じていました。
50年前から現在に至るまでの歌をどう潜り抜けるのか、全部の曲を聴いて見る時間はとてもなく、レンタル屋で手に取るCDは感に頼る以外方法はなさそうです。手当たりしだいやってるうちに方向性がぼんやり出てくるのは、文学に没頭していた読書三昧の二十歳前後の頃に既に学習していることです。
posted by 明石 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 園主の独り言

2017年07月22日

週3回も通い続けて

どこまで声がでるかが主に声域と声量の問題であるならば、どうやって声域を広げるかがまず課題となります。私が考えたのは、高い曲はより高く、低い曲はより低く歌うことです。喉を傷めないために、できるだけ素直にストレートに声を出すなら、童謡唱歌などが最適かもしれないということです。「荒城の月」をことのほか歌い続けましたが、付け加えるなら、できるだけ綺麗に声を出せる曲というのも、発声練習には大切です。
今出せる高さの一つ上の高さにして足掻き続けて、そこをクリアできれば更に一つ上の高さに設定して、と階段を一段一音上がり続けます。声量の問題はこの高上がりの中に自ずと含まれます。限界を超えようとすれば、体全体を振り絞っても声を出そうとするようになり、多分その時、腹式呼吸とか声量に関する課題も、実践で突破しているはずです。気をつけなければならないのは、限界を攻めるのはやり過ぎると喉を傷めるだけなので、一日数回程度までとしたほうが良さそうです。
声域が広がるとはあまり期待していませんでしたが、週3回カラオケ通いで実践が始まると、驚いたことにほぼ一月で一音高さが克服されることです。一年足らずの期間で一オクターブ高音域が広げられた時には、あまりの予想外に驚いたり感動したりでした。
常に一緒にカラオケ通いをしたY氏も私と同様ほぼ一オクターブ高く声域が広まって、高くて歌えないと言ってた数々の曲が楽々と歌えるようになりました。一年前とは別人とも思えるほどで、嘘みたい。
声域を高く広げるために私がよく歌ったのは、三橋美智也「古城」、クリスタルキング「大都会」、夏川りみ「芭蕉布」、「花」、八神純子「みずいろの雨」、アニメでは「もののけ姫」等のハイトーン曲で、いずれも原曲キー+3音以上で発声できるところまでは到達しています。
声域が高く広がっても低い声が出なくなって、高い方へシフトしてしまったのでは意味がないので、必ずやるのが低い歌をより低く歌うことです。美川憲一「柳が瀬ブルース」、フランク永井「おまえに」など原曲キーからー4くらいでは発声することを心がけてきました。欲が深いとも言えますが、高い歌はより高く、低い歌はより低く、真似ができないほどのレベルを密かに目指すということも、私ならあるはずです。
自分達の経験から一つ伝えるなら、より高い声を出したいなら裏声はできるだけ使わないようにということです。やりかたを間違わず足掻けば、高い声は出るようになります。裏声に逃げたらその芽を自分で摘んでしまうことになりますよと、10代とか若い世代に特に言いたいです。
posted by 明石 at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 園主の独り言

2017年07月18日

初めてのカラオケボックス

結局2年余り後、初めてカラオケに行ったのですが、自分の意志でありながらショックは大きく、行く途中信号無視をしてしまうほど頭の中は茫然自失状態でした。同行したこれもカラオケに行くはずのない私と同タイプのY氏も、良く似た精神状態であったようです。
部屋に入って最初の1曲目はさすがに雲の上の住人でしたが、2曲3曲と進んで行くと、別にスナックで歌うのと変わらなくなってきました。初めてカラオケボックスに行ったのは多分、親友以上の悪友北村氏の死の前後だと思いますが、正確には覚えていません。
ブドウ作りに本腰の4月〜8月は殆どカラオケに行きませんが、9月〜3月は週3回昼から6時間Y氏と交代で歌い続けました。一人35曲以上歌うのはまちがいありません。一昨年、これが最初の年です。
2人ともレパートリが極端に少ないため、レパートリを広げるため手当たり次第というやり方を最初は取ったのですが、どこまで声がでるようになるか、どこまで歌えるようになるか、漠然とした目標が先ず私の頭の中にあって、進む方向はそれを具体化することであったようです。
60代半ばになって初めて歌に取り組んで、どこまで声がでるようになるのか、どこまで歌えるようになるのか、自分たちを素材にしたカラオケ実験を始めたのですが、正直年齢からしてもそう期待はできないだろうとは思っていました。
posted by 明石 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 園主の独り言

歌えない!

なぜカラオケに行く気になったかと言えば、これまでブログに書いてきたように、還暦同窓会を境に、同級生との付き合いが復活したことが原因をつくりました。年に数回一緒に飲みに行くようになって、最後はいつもスナックでカラオケとなります。私は歌は聞くのも歌うのも好きではないので、最初の頃は飲み会はストレスを残したりしましたが、回数を重ねて三年目を過ぎるころには、自分のなかにどこか変化が生じてきました。それまでしぶしぶでも歌わざるを得ない場面で私が歌ってきたのは、高倉健さんの「唐獅子牡丹」「網走番外地」、渡哲也さんの「東京流れ者」「あいつ」のせいぜい4曲で、ほぼ40年もレパートリはこの4曲だけでした。
そこまで言われるなら歌ってやろうと思い始めたのは3〜4年目頃からで、うんざりするような4曲から脱出すべく、レンタル屋に生まれて初めてCDを借りに行きました。
驚いたのはうちの奥さんです。結婚して30年以上になるのにお互いの歌など、姪の結婚式でデュエットしたその1回1曲以外聞いたこともないのに、ある日突然夫がCDを聞きながら歌い始めたからです。歌うどころか歌番組でも毛嫌いしてきただけに、頭がどこかおかしくなったかと奥さんが疑うのももっともです。
きっかけはどうあれやり始めると次第にハマッテ凄まじくなるということが私にはありがちです。飲み会が近づくと毎夜歌のレッスンで、覚えたての歌3〜4曲用意して、意気揚々飲み会に出かけます。
ところがマイクを持ってカラオケに向かうとトラブル発生。歌えないのです。CDとは別物で、キーも編集も違うということが、カラオケには多々あります。CDで覚えてもカラオケ仕様でないと歌えないのかと愕然とした時、カラオケに行く必要を初めて知ったのです。
が、まさか、カラオケに行く気にはさすがになれず、曲を覚えるほどに必要性をますます覚えながら、どこか悶々とした状態がしばらく続きました。
posted by 明石 at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 園主の独り言