検索ボックス

<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
50年後の20歳 by ひょっこりおばさん (11/26)
天山 何処までも大きく by 明石園芸 園主 (07/19)
天山 何処までも大きく by 小西俊雄 (07/19)
天山 何処までも大きく by 小西俊雄 (07/19)
天山 裂果とは別に by 瀬戸口 光弘 (07/02)
最近のトラックバック
カテゴリ
過去ログ
Powered by さくらのブログ

2013年07月26日

ハイベリー 出荷は早くても8月5日ごろから

今春ホームページを更新した時、ハイベリーと天山はいずれ1500グラム前後の巨大房になりそうだと記しましたが、いずれではなく今年既に、ハイベリーはその域に達しそうな巨大房となっています。写真のハイベリーは2キロに近いようにも見受けられますが、試しに青い一粒の糖度を計ると、これで16度あります。
ここまで大きくして、着色は、味は大丈夫なのか、仕上がるのかということは勿論ありますが、そんな心配とは裏腹に、見るたびに久々に胸がスカッとしています。
ピオーネ、伊豆錦、ゴルビーを着色優先の作り方に切り替えた反動が、ハイベリーと天山の巨大化に拍車をかけてしまったようです。仕上がらなかったら販売中止するまでだと、イケイケの自分を解き放つとこうなります。
明石園芸園主殿はそれくらい破天荒でなければ、と言う声が何処からか聞こえてくるようです。
同じ園地内でもジベ処理が早いのと遅いのとでは10日以上違っていて、既に着色十分で糖度18度のハイベリーもありますが、残念ながら皮が熟れてないのとまだ酸味が強く、熟成の時間が10日程度は必要なようです。
全体的にはハイベリーの着色は5〜6分といったところで、この熱帯夜と猛暑続きの中どうなるかは分かりませんが、今年は巨大房の試金石になることは間違いありません。
着色は分かりませんが、味的にはこれほどの巨大房にしてもあまり問題ないようです。
着色の進んだものから順に出荷しますが、ハイベリーの出荷は早くても8月5日ごろになりそうです。  001.JPG
posted by 明石 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 園主の独り言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71386149
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック