検索ボックス

<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
50年後の20歳 by ひょっこりおばさん (11/26)
天山 何処までも大きく by 明石園芸 園主 (07/19)
天山 何処までも大きく by 小西俊雄 (07/19)
天山 何処までも大きく by 小西俊雄 (07/19)
天山 裂果とは別に by 瀬戸口 光弘 (07/02)
最近のトラックバック
カテゴリ
過去ログ
Powered by さくらのブログ

2012年07月28日

大きくなりすぎても困る

これ以上大きくなると完熟させるのが厄介だというところまで、瀬戸ジャイアンツの粒の肥大が進んでいます。連日猛暑日が続いていますが、粒の肥大をとめて熟れる方へ向かせるため、灌水を控えています。
粒を大きくしたがる私が、大きくなり過ぎそうだと慌ててブレーキを掛けるのも滑稽ですが、瀬戸ジャイアンツでは30グラム前後まで粒を肥大させて、熟成にもう諦めようかと思うほど長い時間を要した苦い経験があるからです。
糖度的にいえば、そこまで粒を肥大させても、16度程度にはすんなりいけるのですが、そこから先が遅々として進まず、最悪なのは本来種があるべき所が空洞化することです。
以来瀬戸ジャイアンツは粒の大きさが20グラム程度以上にならないように留意しながら作っています。熟成して果肉が締まってコリコリ音がするほどの食感を、この品種では何より大切にしています。
人の顔よりはるかに巨大な葉群を見ると、油断するととんでもない巨大粒になるのは、それは当然だという気がします。 001.JPG
posted by 明石 at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 園主の独り言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57306000
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック