検索ボックス

<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最近の記事
(04/15)消息不明
(04/05)最北へ
(03/28)金沢の女
(03/16)知らぬ間に
(03/10)月の道
最近のコメント
天山 何処までも大きく by 明石園芸 園主 (07/19)
天山 何処までも大きく by 小西俊雄 (07/19)
天山 何処までも大きく by 小西俊雄 (07/19)
天山 裂果とは別に by 瀬戸口 光弘 (07/02)
苗床準備 by budou83 (01/13)
最近のトラックバック
カテゴリ
過去ログ
Powered by さくらのブログ

2012年06月09日

着色期

ピオーネは着色期に入り始めましたが、昨年と比べるとやはり一週間程度の遅れで時を刻んでいるようです。昨年ピオーネの着色の進み具合をブログに載せているので、今年は重複は避けますが、この状態から完全着色までほぼ20日間というのが通常です。 
今年管理面で一番気をつけているのは、35度以上の猛暑日が何時来ても間に合うように、施設を夏型に早く移行させることです。昨年6月に突然の猛暑に見舞われて、対応する間もなく、全体の園地で失速してしまった苦い思いがずっと残り続けています。
ことに摘粒中にハイベリーの房の肩辺の粒が煮えたように白くなったのはショックでした。室温がほぼ40度で葉から水分の蒸散が激しく、根からの供給が間に合わず、果実の水分も葉のほうへ突発的に逆流したのでは、と思っています。
加温が終わった途端、施設を過激に夏対応型に移行させていますが、備えあれば憂いなしとはならず、備えても憂いは尽きず、です。
私の内にある一つの強い思いは、昨年出来損なったハイベリーを、今年は何が何でも作りきるということです。 001.JPG
posted by 明石 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 園主の独り言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56334229

この記事へのトラックバック