検索ボックス

<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
50年後の20歳 by ひょっこりおばさん (11/26)
天山 何処までも大きく by 明石園芸 園主 (07/19)
天山 何処までも大きく by 小西俊雄 (07/19)
天山 何処までも大きく by 小西俊雄 (07/19)
天山 裂果とは別に by 瀬戸口 光弘 (07/02)
最近のトラックバック
カテゴリ
過去ログ
Powered by さくらのブログ

2011年07月07日

イノシシ侵入

先週は突然の猛暑にきりきり舞いさせられ、各棟のビニールを裾上げして施設を夏対応型にしたのですが、今度はイノシシがピオーネの園地に侵入しました。本当に落ち着く間もないとはこのことです。
出荷間じかのこの時期、昨年も同じタイミングでピオーネの園地に入られ、入れないよう施設補強していたはずなのに、写真のようにパイプ間の幅が広い部分のビニールを破って侵入しています。
イノシシも学習能力が高く、年々手ごわくなっています。ハウスの周りをぐるぐる回って少しの隙も見逃さないようになってきています。
一度入ると、少なくとも20〜30房ブドウを食われる上、枝を折ったりするので最悪です。
ままならぬお天気と格闘したり、獣害、鳥害との攻防に汗だくになったり、ブドウ作りもさながらサバイバルです。
何があっても作りきるという強い意志がなければ負けてしまいます。
あまり考えないようにしていますが、苦難を乗り越えて作りきった挙句、安くなければ売れないという不況の世相は、更に生産者には厳しいものとなっています。
001.JPG
posted by 明石 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 園主の独り言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46605819
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック