検索ボックス

<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最近の記事
最近のコメント
天山 何処までも大きく by 明石園芸 園主 (07/19)
天山 何処までも大きく by 小西俊雄 (07/19)
天山 何処までも大きく by 小西俊雄 (07/19)
天山 裂果とは別に by 瀬戸口 光弘 (07/02)
苗床準備 by budou83 (01/13)
最近のトラックバック
カテゴリ
過去ログ
Powered by さくらのブログ

2011年05月08日

伊豆錦

伊豆錦の葉です。001.JPG
成葉に近づきつつありますが、まだ成葉になりきるというところまではいってません。
こんな葉17,18枚で作る一房のブドウが想像できますか。
葉がブドウの果実の生産工場とすれば、通常の数倍もあろうかという大きさの葉は、可能性の域がケタ違いということになります。
その品種の可能性を最大限に引き出そうとする試みは、土を作り、樹を作り、しっかりとした太い枝に、こんな葉を茂らせることで、可能性の域を広げます。
まだピオーネ一筋だった15年ほど前、岡山の市場関係者に、そんなピオーネは不可能だ、あり得ないといわれて、頭にきて市場にピオーネを持っていったのですが、粒の大きさは優に20gを超え、糖度は22度で、当の相手は絶句してしまいました。
通常とか平均的とかいうところは、品質にこだわるほど無用になります。
私は私の流儀で、私にしかできないブドウを、目指し続けるだけです。
posted by 明石 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 園主の独り言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45005914

この記事へのトラックバック