検索ボックス

<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
50年後の20歳 by ひょっこりおばさん (11/26)
天山 何処までも大きく by 明石園芸 園主 (07/19)
天山 何処までも大きく by 小西俊雄 (07/19)
天山 何処までも大きく by 小西俊雄 (07/19)
天山 裂果とは別に by 瀬戸口 光弘 (07/02)
最近のトラックバック
カテゴリ
過去ログ
Powered by さくらのブログ

2011年04月11日

皮ごと食べられるピオーネ

ピオーネの枝が勢い良く伸びてます。
加温設定温度を13度に上げてから根も活性化したらしく、生育状況も本格化しています。新世代ピオーネの可能性を探るため、今年は粒を大きく作るつもりです。以前粒の大きさを25〜30gにして着色に時間がかかりすぎた事があるのですが、より優良系の新世代ピオーネではどうなのか、今年の出来次第では来年以降樹が完全に成木化した時点で、多分再挑戦するのだろうと思います。
当園のピオーネは年々皮が薄くなってきているような気がします。
粒を更に大きく作れば、皮がますます薄くなることも考えられます。
数年前から皮ごと食べる人が急増中ですが、当園のピオーネは皮が薄いということもありますが、それ以上にピオーネは葉を傷めずに樹上完熟させれば、皮と肉の間が一番おいしく、そのおいしさを絞り出すように皮を噛んでるうちに、皮を食べてしまうということでもあるらしいです。
粒を大きくしてさらに皮が薄くなれば、皮ごと食べる 皮ごと食べられるピオーネを、当園のピオーネの売りにできるのではと思っています。 003.JPG
posted by 明石 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 園主の独り言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44250391
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック