検索ボックス

<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最近の記事
最近のコメント
天山 何処までも大きく by 明石園芸 園主 (07/19)
天山 何処までも大きく by 小西俊雄 (07/19)
天山 何処までも大きく by 小西俊雄 (07/19)
天山 裂果とは別に by 瀬戸口 光弘 (07/02)
苗床準備 by budou83 (01/13)
最近のトラックバック
カテゴリ
過去ログ
Powered by さくらのブログ

2019年05月29日

前記続き

私は経済最優先の破壊尽くしの現代を史上最悪の時代と思っていますが、国連の報告書でも、経済第一主義の最近50年間の破壊が過去とは比較にならないほどひどいとしています。自然や多様な生物生態系を破壊し、つまりは地球を傷めて住みづらくして、或いはいずれは住めないような星にして、それでも進化向上していると思うならそれは完璧に気狂いの領域です。
経済を極めて単純化して金儲けと考えて、金になるかどうかが唯一の価値観であるなら、金にならないことは全て壊れることになり、人は金の盲者以外の何者でもなくなります。自然や生物生態系ばかりでなく人も、その一点に支配されると壊れてしまうことになるのだと思います。企業の生態、企業の論理は経済の持つ性格に支配されていて、その中に組み込まれて人は経済を生きてそれ以外の自分を生きられないようになっているのだと思います。
経済最優先の経済至上主義は最悪の結果しか招かなかったのだから、史上最大の間違いと言われても仕方がないはずです。何時どんな時代に姿形を変えても、根底にあるのは独占欲、支配欲という人間の欲望。結果的に言えば、自由な競争経済社会もほんの数パーセントがその欲望を叶えるために仕組んだ、巧妙な罠なのかと思ってしまいます。
経済の膨張と人口の爆発的な増加は市場の拡大というところで繋がっているようにも思えますが、いずれもこれ以上野放しにすると破滅的です。私は以前経済にも共存共生の理念を組み込む必要があると記しましたが、共存共生の理念は人と人、国と国は無論、多様な生物生態系つまり地球の自然環境を同レベル以上で含むということです。経済の中に敢えて性格的に相容れない共存共生の理念を組み込んで経済を規制しないと、今の延長線上には未来は見えないというか、無いのではと思ってしまいます。
投資ファンドのマネーゲームで株価が実体経済とかけ離れた動きをすることもよくありますが、これも以前懸念を記したことですが、今世界の穀倉地帯の2割が天気とかで壊滅的な不作になると、世界は食糧パニックに陥ります。ここに先物買いの投機マネーが流れ込むと世界の食糧は一気に高騰して、アフリカとか途上国では何億もの餓死者がでるとされています。何億人餓死者が出ようと投資は自由な経済活動だから合法だとするなら、合法な大量虐殺がまかり通ることになります。どこかで国際的な規制をかけないとそれはいつでも起こりうることです。こんな気違いじみた話がまかり通るほどおかしな時代になっているのに、世界はそんな危機感を持っていないかのようです。
世界が食糧パニックになったら日本も無事で済むはずがありません。今現在でも世界で食料を買いあさろうとしたら、多分中国に歯が立たないだろうし、世界的な食糧パニックが勃発すれば経済力があったとしても買えないと考える方が正しいように思えます。今国内で農業は衰弱の極みにあって、もともと低い自給力が更に低下し続けているはずです。他国から買えなくて自給力が乏しいとなると餓死せざるを得ないのに、この国は何度も申し上げるけれど本当に危機感が欠如しています。国の政治の最大の責任事はなにがあっても国民を餓死させないことだと私は思っていますが、本気でそのことに命を懸けるような政治家が果たしてこの国に居るのか疑問です。
私等団塊の世代が子供の頃日本は戦後ということもあって貧しかったのですが、それでも狭い農地にしがみついて食べ物を作って隣近所助け合ったりして餓死というような心配はあまりなかったようで、今よりは確かさがあったのだと感じます。これからの日本の貧しさはコンクリートのカケラを食っていけるのかな的な貧しさなのだと思います。
posted by 明石 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 園主の独り言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186065162

この記事へのトラックバック