検索ボックス

<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最近の記事
最近のコメント
天山 何処までも大きく by 明石園芸 園主 (07/19)
天山 何処までも大きく by 小西俊雄 (07/19)
天山 何処までも大きく by 小西俊雄 (07/19)
天山 裂果とは別に by 瀬戸口 光弘 (07/02)
苗床準備 by budou83 (01/13)
最近のトラックバック
カテゴリ
過去ログ
Powered by さくらのブログ

2019年05月21日

百万種が絶滅の危機

つい先日ニュースで流れていましたが、2019年5月7日、国連報告書は「人類が自然環境と生物多様性に壊滅的な打撃を与えて、動植物百万種が今後30年以内に絶滅の危機に瀕している。」と警告しました。百万種とは驚きますが、雪崩を打って種が絶滅するそんなところまで来たかという思いと、人類は善なのか悪なのか単純な二元論的な問いに、地球にとって決して好ましい存在ではないという一つの答えが出始めているのを覚えます。
環境とか生態系とかの問題で私が以前からずっと疑問だったのは、爆発的に増え続ける世界の人口こそが問題なのに、なぜ誰もそのことに触れようとしないのかということです。経済最優先という時代に人口を減らさねばという話は、市場の縮小ということになるので、著しく時代にそぐわないからなのだろうと思っていますが、世界の人口は毎年1億増えて今75億、2055年には100億に達するそうで、ついこの間70億になったばかりだと思っていただけに、爆発的な増加とはまさにこのことだなと驚いています。
世界の人口の増加と食糧難ということもあって、今現在でも農地にできるところは農地にしようと、南米とかを筆頭に森林の伐採は広がり続けているようです。自然環境や多様な生物生態系の破壊は広がり続けて、温暖化ガスの排出は毎年過去最高を更新するほど増え続けているのですが、人類はいまだ何の対策も講じることができず、COPとかIPCCとか国連での世界会議でも世界は結束することも出来ず、結局は無為無策のまま爆発的に増加する人口に呑まれて、最悪のシナリオを辿ることになるのだろうと思っています。どのみち避けられないのなら行きつくところまで行って、なるようにしかならないのだから、その地点が次への始まりとなるのであれば幸いかなと楽天的に思ったりします。
環境問題とか多様な生物生態系の問題とか、私は学者ではないのでどれくらいの数が適当なのか分かりませんが、それでも今の世界の人口を2分の1とか3分の1とかに、50年後とか100年後とかに減らすことが唯一の解決策だと思っています。ちなみに先進国諸国は日本もそうですが軒並みに人口減少傾向にあるようで、過渡的に超高齢化社会を潜り抜けねばなりませんが、30年後あたりを考えるとかなり人口は減るのではと思ったりします。中国でも1人っ子政策が30年も続いて、凄い逆ピラミッドの超高齢化社会をやがて迎えますが、1人っ子政策を辞めても子供をあまり作らない傾向は変わらないようで、30年くらいのスパンで考えると過激に人口は減少しそうです。
爆発的に人口が増加しているのは途上国ですが、先進国諸国が途上国の子供の教育をもっと支援すれば、教育水準が上がるほどに爆発的な出生率は自ずと下がってくるのではと思います。            続く
posted by 明石 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 園主の独り言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186029570

この記事へのトラックバック