検索ボックス

<< 2018年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最近の記事
最近のコメント
苗床準備 by budou83 (01/13)
暗欝な日々 by budou83 (11/05)
桜の咲く前に by 楞野昌彦(かどの) (04/01)
クイーンニーナ by 宮下正之助 (09/08)
桜の咲く前に by ぶどう83 (03/20)
最近のトラックバック
カテゴリ
過去ログ
Powered by さくらのブログ

2018年04月13日

続 よりフリーに

釣りに行かなくなってもう4年が過ぎました。往復500q以上の宇和島方面への日帰り釣行は疲れが残り過ぎて、体を休めてエネルギーを蓄えなければならないオフシーズンにこんなに疲れていたらとの思いが次第に募って、4年前から釣行はぷっつり途絶えました。釣りそのものに10年以上前から飽きが来ていて、オフシーズンの10月後半頃からブドウから頭を切り離すために釣行するのですが、釣りに気が入らなくて寝てばかりというのが毎年最初1〜2回の釣行恒例となっていました。2〜3回釣れない(釣らない)釣りを続けると、やっとむくむく釣り師魂が目覚めてきます。釣れなかった、釣らなかったから釣ってやろうと思うだけで、どれほど釣果を出しても嬉しさとか感動はあまりないし、向上心に燃えて釣りに夢中だった時期がとっくに過ぎているのはどうにもなりません。
釣りは30歳頃に始めて35年間続いたのですが、私は本気になると30年近くやり続けるというところがあって、間違うとちょっと怖いなと自分でも思っています。
今気づいたのですが、ブドウづくりも今年で30年目のはずで、私の一段落のサイクルはそこにあるのか、それでミカンとか他のことをやろうとしているのか、サイクルという新たな角度で見ると、そうでもあるようだと思ってしまいます。
草野球も50歳の手前まで、走れなくなって止めたのですが、30年近く続いたことを考えると、30年というのは私の本気度成就の一サイクルの時間で共通しているようです。
カラオケは今年4年目ですが、釣りがカラオケに変わったということは無論自覚しています。釣りは疲労が残り過ぎたり、却ってストレスをためこんだりということもあって、気分転換ということならカラオケの方が容易です。あらん限りの声を振り絞って歌っていると、自分の中身も空っぽになっていくような大掃除状態で、これって凄い健康法なのかと思ってしまいます。
最近一人カラオケが多くなってきています。相方が友人の仕事を手伝うようになって、週一回一緒にというのも難しくなってきているのですが、一人だと2〜3時間で十分だから週一程度ならまだしばらくは行けそうです。
カラオケは何時まで続くのか、そう長くは続かないだろうと思っていますが、問題は他者に歌を聴いてもらいたいと思うかどうかというところなのは分かっています。それはこのブログとかの文章表現で他者に向かう気持ちがどうなのかということと共通しています。他者に向かう気持ちが無ければ文章は刻まないし、もう少し強い気持ちがあれば本気で書くことに向き合うだろうと思ったりもしますが、デリケート微妙で点いたり消えたりというところです。
昨年カラオケはもういい止めようという時期がありましたが、歌も表現である以上他者に向かわざるを得ないところがあって、ここを無視して自分一人の世界に閉じ籠り続けるのは難しいようです。つい5〜6年前までカラオケに行く自分などあり得ないと疑う余地もなかったはずですが、それを自分の意志で覆したのだから、更に在り得ない自分を展開させてみようかと思うこともありますが、冗談ではないと憮然とする自分も強固です。
70歳が近くなっても、あるいはだからこそなのか、知らない自分と出会うのはことのほか嬉しいです。よりフリーに在ろうとすることは、生命の輝きその炎を自分の中に見出したい故にです。
posted by 明石 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 園主の独り言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182970605

この記事へのトラックバック