検索ボックス

<< 2018年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最近の記事
最近のコメント
苗床準備 by budou83 (01/13)
暗欝な日々 by budou83 (11/05)
桜の咲く前に by 楞野昌彦(かどの) (04/01)
クイーンニーナ by 宮下正之助 (09/08)
桜の咲く前に by ぶどう83 (03/20)
最近のトラックバック
カテゴリ
過去ログ
Powered by さくらのブログ

2017年10月23日

暗欝な日々

卒業してから50年経っても、高校時代をことをあまり思いだしたくないのは、在学中私は高校を刑務所のように、自分はそこに繋がれた囚人のように感じ続けていたからです。いまだに高校に近づきたくないほどの嫌悪感が残っていて、残念ながら私には愛校心は殆どなさそうです。
県内3番手の進学校に入ったのですが、進学校だから毎月模擬試験があって、成績順位が出されます。私はトップクラスの成績で入学したそうですが、その4月から3カ月連続で150番前後成績順位を落とし続けて、そこがどん底なのか卒業するまでその位置をキープし続けました。学年の総数が600人だから、500番落ちれば底に着くはずです。
授業は聞かない、家庭学習はしないのは完璧と言えるほどで、劣等生を極め尽くした3年間でした。家庭学習日誌を提出する時、0時間とは書けないので1時間前後と嘘を書くのですが、それでよく進級できたなと担任に呆れられたのですが、後々考えてみても、よく卒業できたものだと自分でも思います。もともとの志望校、県内トップの進学校に行っていたら、まわりとの落差があまりに極端で、卒業できずに退学することになっていたではと思わずにはおれませんでした。
高校生になると反抗的な態度に暴力的なところも加わって、私が何をしようと授業の邪魔をしないなら放置すると、先生方もそう決めていたようです。態度の悪さは目立っていたはずで、補導部の主任先生がやってきて、「おまえは今のところは目立った悪さをしていないが、そのうち尻尾を捕まえて、必ず退学にしてやる。」と仰る。何もせずに1日を過ごすことは苦痛過ぎて、早退したり不登校だったり、市内をうろうろして補導員に追っかけまわされたりしましたが、いつも逃げ切ったので退学騒動までには至りませんでした。
私はいつも単独行動でグループ行動はあまりしません。落ちこぼれたり悪になったりするのは自分一人でいい、他者を巻き込みたくないと、その心構えだけははるか子供のころから身に付けていたようです。
高校1年生のある日、私は突然物語を書き始めました。幼少のころから私には夢想癖があって、反抗的になるほどに、救いを求めるように夢想世界に浸るのもありがちでした。夢物語の世界を突然文章表現し始めたのは、何もしない苦痛感から抜け出したかったからですが、最初はお試しの暇つぶしであったはずです。それがほそぼそでも続いて次第にのめり込み始めると、一つの思いが芽生え始めました。
私は依然として自分が何をやりたいのか、何になりたいのかを見出してはいませんでした。大人社会に目を向けると、やりたくない、なりたくないばかりで、自分の居場所が何処にもないのを知るばかりです。夢物語を書き続ける自分が、「ないのなら作ればいい、自分の世界を作るんだ。」と声をあげました。「自分の世界を作るために作家になる。」と繰り返すと、その思いは一つの芽となって私の内側に根付いて、それ以後育ち膨らんでゆきました。文学、哲学、思想書等古今東西の著作を読み漁るために進学したいと思うようになった時、私は多分初めて勉強したい自分と出会っていたのです。
posted by 明石 at 20:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 園主の独り言
この記事へのコメント
今晩は。本当に久しぶりにPCを開きました。11月5日です。よくおいでくださって、大変嬉しい出来事でした。夫は朝は遅い方ですが、今朝は起こさなくてもさっさと起きだして、「明石さんは何時だったか」と何度も聞きました。ぶどうのお話もさることながら、とにかくお会いしたかったのだと思います。奥様共々お越しくださって、お心遣いも有難うございました。人生の卒業式は順不同と山陽新聞に載せておられる方がありましたが、八十路坂を上りつつ自然体で頑張ります。
Posted by budou83 at 2017年11月05日 21:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181368558

この記事へのトラックバック