検索ボックス

<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最近の記事
最近のコメント
苗床準備 by budou83 (01/13)
暗欝な日々 by budou83 (11/05)
桜の咲く前に by 楞野昌彦(かどの) (04/01)
クイーンニーナ by 宮下正之助 (09/08)
桜の咲く前に by ぶどう83 (03/20)
最近のトラックバック
カテゴリ
過去ログ
Powered by さくらのブログ

2017年10月22日

何処へ

エリートにならないと決心してからは、離脱の日々が始まって、ただ遠くを眺めているような時間が増えたような気がします。授業は全く聞いていないし、それだけで辛うじて学力を保っていた、試験前の一夜漬け学習も以前よりなおざりになり、本音を言えばどうでもよくなってゆきました。
授業を受けるのが苦痛で、その度合いが日々膨れ上がっていたある日、1年生時の担任の数学の授業中、苦痛感が極度に高まって、額は汗ばんで体は小刻みに震えていました。必死で我慢していたのですが、もう駄目だとパンクした瞬間、筆箱を叩きつけて教室を駆けだしました。「爆弾教師」だから追いかけてくると思ったのですが、来ませんでした。考えてみると、あまりに唐突で訳の分からない出来事だったのかも知れません。ちなみに同窓会とかで同じクラスだった者に聞いてみても、この事件を記憶している者は誰も居ませんでした。
自分が何をしたいのかが皆目見えてこないので、手も足も出せず、ストレスばかりが増大して、精神とか神経に障害が出るようになり、発作も時々出て、情緒不安定とか集中力欠如とかの評価を受け続けました。
私が一番困ったのは笑えなくなったことです。笑おうとすると顔面の神経が硬直して、苦痛に歪んだような顔になるので、相手は驚いたような表情になり、それが度重なると対人恐怖症になりそうになる。負の連鎖的に次々いろいろな神経症に襲われたのですが、なんとか持ちこたえて中学を卒業するまでには自力で克服しました。
当然のことながら、成績はずるずると上級生になるほど下がり続けました。「お前はなんだ!皆が受験で一生懸命勉強しているのに、上の空で他ごとばかり。高校を受験する気があるのか!」3年生時の担任が苦々しく吐き捨てるように言う。私も嫌いなタイプなので無視して相手にしません。
これほど授業を受けるのが苦痛なのに高校へ行くのかと考えると、気持ちが萎えてきますが、大人社会に出て行くのは尚更嫌だから選択肢はなしです。
posted by 明石 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 園主の独り言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181346192

この記事へのトラックバック