検索ボックス

<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最近の記事
最近のコメント
天山 何処までも大きく by 明石園芸 園主 (07/19)
天山 何処までも大きく by 小西俊雄 (07/19)
天山 何処までも大きく by 小西俊雄 (07/19)
天山 裂果とは別に by 瀬戸口 光弘 (07/02)
苗床準備 by budou83 (01/13)
最近のトラックバック
カテゴリ
過去ログ
Powered by さくらのブログ

2017年10月19日

刻みこまれた情景 13歳の春

中学2年生の13歳の春、私は「エリートコースは歩まない、エリートにはならない。」といやにはっきりと決心しました。まわりの大人たちとか世の中の価値観、例えば東大を出て大蔵省へ入るのがベストというようなエリート人生を思うと、そんなつまらない生き方はしたくないと強く思ったからです。この決意、決心は今も明確に私の内に深く刻まれています。というより、その後現在に至るまでここをベースに歩んだのだから、この思いを抱えて私は生きてきたと言っても過言ではありません。
私にとってそれほどの大事件ででありながら、心の内の問題であるだけに外からは一切見えず、何も無かったことになるのですが、この時から周りの同級生達に私は一切見えなくなるだろうとの思いもあって、心のどこかで秘かにさよならを告げていました。
1年生終了時に担任に言われたことが、自分の進路を考える引き金になったのは間違いありません。私は小学校の6年間は担任は女の先生ばかりで、中学生になってやっと男の担任になった安ど感もあって、担任に悪い印象は持っていませんでした。担任はびんた制裁も時々ある「爆弾」とあだ名された数学の教師で、当然私もびんたを食わされたことはありますが、親父の鉄拳制裁に比べると蚊程度でたいして気にもならず、私としてはまともに先生の授業は聞いていたはずです。中学は学年ごとにクラス編成があってクラスメートが変わり、担任が変わります。それ故なのかどうかは分かりませんが、1年生の終わりごろになって先生が皆の前で、「明石よ、まだ勉強する気にはならないか。お前は今回の試験でも主要5科目は素晴らしく、学年で2番だった。先生はお前が本気で勉強するとどこまで伸びるのか、それが見てみたい。」と懇願するように言われて、頭からがつんと勉強しろと言われれば猛然と反発するのですが、そんな風に言われると私でも少しは心に刺さりました。
私は中学生になっても授業はあまり聞かないし、家での学習も普段はまるでしませんが、試験になると主要5科目だけは前日に一夜漬け程度には勉強しました。他の4科目はまるでやらないから点数はせいぜい40〜50点で、9科目合計での順位は250人中10〜15位程度だったと記憶しています。成績とか順位とか殆ど気にしていなかったのは小学生の頃から変わらずで、その意味では向上心は全然とは言いませんがあまりなかったです。主要5科目ならトップ争いをしていたと先生に言われて、初めてそのことを知って、少し心に刺さった先生の言葉を反芻していました。
いくら想って見ても先生が見たがっているようなエリートになる自分は想像できず、もう既にまわりの大人とか社会への反抗心は目覚め過ぎていて、翻意の余地は殆どなかったようです。エリートコースを歩まない、エリートにはならない、と決心したのはわたしにとってはごく自然な成り行きだったと思っています。
posted by 明石 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 園主の独り言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181326491

この記事へのトラックバック