検索ボックス

<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
50年後の20歳 by ひょっこりおばさん (11/26)
天山 何処までも大きく by 明石園芸 園主 (07/19)
天山 何処までも大きく by 小西俊雄 (07/19)
天山 何処までも大きく by 小西俊雄 (07/19)
天山 裂果とは別に by 瀬戸口 光弘 (07/02)
最近のトラックバック
カテゴリ
過去ログ
Powered by さくらのブログ

2014年06月20日

販売予約を始めるにあたり

瀬戸ジャイアンツ、ハイベリー、天山の摘粒作業中で、忙しさも今がピークとなっています。3品種同時というのが尚更忙しさを幾重にもさせている要因ですが、どうも摘粒時期を上手くずらせず、毎年こうなります。時間との勝負で、遅れると粒が肥大して房ががちがちに固まり手が付けられなくなります。写真はハイベリーですが、こうなるとキツイです。もう少し早く摘粒に入るべきなのはよく分かっていますが、手が回らなくて毎年こうなってしまい、さすがに私もこれを摘粒するのかと気が重くなりますが、鋏を入れてみると下の写真のようにするのに9分要しています。大雑把に言って、ピオーネの摘粒を標準とすると、瀬戸ジャイアンツはその2〜3倍、ハイベリーは瀬戸ジャイアンツの2倍の時間を要します。ハイベリーは摘粒に時間がかかり過ぎて、とてもではありませんが、量産できる品種ではありません。今年は200房程度になりそうです。
忙しさのあまり忘れていましたが、本日6月20日よりピオーネの販売予約の受付が始まっています。他の品種も順次ほぼ出荷一月前頃から販売予約の受付を始めます。今年は伊豆錦、ゴルビーの販売はできませんが、両品種とも順調に成育中で、再来年には再び販売することができそうです。新しいところではクイーンニーナが来年からは販売できそうです。現在着色が始まったところですが、この品種は完全着色した頃に、別途ブログで紹介する積りです。
販売予約を始めるにあたりお願いともなりますが、購入をご希望される方はご面倒ですが、会員登録をなされてからご注文いただければ幸いです。ホームページの店頭価格は海外交渉価格で、国内的には従来の価格で出せるよう会員価格を設定しています。
出荷時期はピオーネが7月中旬頃、天山、ハイベリーが8月10日前後、瀬戸ジャイアンツが今年は8月20日頃からの予定ですが、いずれの品種も出荷できる状態になればまたブログでお知らせします。
昨年は史上最高になるはずだった瀬戸ジャイアンツが、8月24日から9月4日まで降り続いた大雨で裂果したり腐ったり、出荷直前で史上最悪に様相を変えてしまいました。
何があるのか分からないのが近年の気象状況です。お天気次第ではどうなるか分からないのが農産物であるということを、あらかじめご理解いただければ幸いです。001.JPG002.JPG
posted by 明石 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 園主の独り言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/100111238
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック