検索ボックス

<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最近の記事
最近のコメント
天山 何処までも大きく by 明石園芸 園主 (07/19)
天山 何処までも大きく by 小西俊雄 (07/19)
天山 何処までも大きく by 小西俊雄 (07/19)
天山 裂果とは別に by 瀬戸口 光弘 (07/02)
苗床準備 by budou83 (01/13)
最近のトラックバック
カテゴリ
過去ログ
Powered by さくらのブログ

2019年10月29日

私流(チヌ釣り編)

釣りに行かなくなって6年目になりますが、30年以上続いたことを止めても今のところ、釣りをしたいという蒸し返しは殆どないようです。別に釣りを止めようとか思った訳ではありませんが、宇和島あたりへ日帰り釣行すると疲れが3日も残るので、それが億劫になって行かなくなっただけです。釣りも始めて20年くらいは向上心に燃えてやっていたのですが、今考えてみると地元大屋冨の筏で8時間余りで192枚のチヌを釣りあげ、吐き気がしてもううんざりした時、そこをピークに向上心を失くしていったような気がします。
釣りを始めたのは30歳頃で、当時私は会社でもプライベートでも余暇は野球ばっかりで、会社の上司に3年がかりで口説かれてやむなく釣りに同行したのですが、教えられた通りに釣るといきなり35センチのチヌを釣りあげてびっくりです。その衝撃が強烈でチヌ釣りにのめり込むことになったのですが、釣り方を教えてもらったのもこの1回限りで、後はここを起点に釣りの世界にまっしぐら、10年くらいは仕事をしていても頭のどこかでチヌが泳いでいるほどでした。
海の底は見えていないから想像力でどこまで真相に迫れるかです。竿の穂先に出るアタリだけで海の底の状況を把握するには、経験をどれほど積んでその分析をどれほど正確にやれるか、ということになります。釣りもブドウ作りも対象が違うだけで、基本的に手法は一緒とだと常々私は言ってきましたが、それは今も変わりません。
私の釣りはチヌが主体で、赤土とか壁土とかに集魚剤を混ぜて土ダンゴを作り、エサを付けた針をそのダンゴに包んで海底に届け、着底後タイミングを測ってダンゴからエサの付いた針を抜き出しチヌに食わせる、中四国ではバクダン釣法と言われている釣りです。
ブドウなら生理構造ですが、魚なら習性をどこまで把握できるかで、習性は潮の流れの速い所と遅い所動かぬ所では全く違うため、同じチヌでも共通事項とその土地の独自性があって厄介です。
地元大屋冨の筏でギネス的な爆釣をしたのが多分釣り歴20年ごろのはずで、そこまでは瀬戸内とか鳴門の潮の速い所ばかりで釣っていましたが、その後は高知の浦の内や野見湾5〜6年通って、宇和島の吉田湾、北灘の「チヌ屋くまさか」へと場所を変えました。高知も宇和島も潮の流れが遅すぎて、食性が全くゆっくりしているので、私は特に鳴門の急流釣りでの瞬殺の合わせを得意としているので往生しました。
私の釣り歴は34年ほどで止まったままですが、通った釣り場では殆ど数釣りの記録は大幅に更新しているはずです。34年間でどれほどのチヌを釣ったのか、記帳記録するほどマニアックではないので分かりませんが、多分大雑把に言って2万匹は越えているのではと思っています。私はハラミチヌは釣りたくないので春はチヌ釣りをしませんが、年7〜8か月はチヌをターゲットにしていました。夏から冬まで、潮の急流から動かぬ所まで、いろいろな場所でいろいろな気象環境の中でチヌを釣り続けて、穂先に出るチヌのアタリを見続けると、所によって季節によってまた時間によってもそのアタリは全く違うものであったりします。
それを克服して釣りあげた2万匹は、別にその数がどうだとは思っていませんが、そこまで釣らないと言葉では伝えきれない感覚みたいなものがあるようです。
釣り座に座ってチヌと向き合う時、どんな食い方をしてもチヌのアタリだけは見抜ける確信があると、その自負は多分誰よりも強く持っているのかも知れないとは思います。
posted by 明石 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 園主の独り言