検索ボックス

<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最近の記事
最近のコメント
天山 何処までも大きく by 明石園芸 園主 (07/19)
天山 何処までも大きく by 小西俊雄 (07/19)
天山 何処までも大きく by 小西俊雄 (07/19)
天山 裂果とは別に by 瀬戸口 光弘 (07/02)
苗床準備 by budou83 (01/13)
最近のトラックバック
カテゴリ
過去ログ
Powered by さくらのブログ

2017年07月18日

初めてのカラオケボックス

結局2年余り後、初めてカラオケに行ったのですが、自分の意志でありながらショックは大きく、行く途中信号無視をしてしまうほど頭の中は茫然自失状態でした。同行したこれもカラオケに行くはずのない私と同タイプのY氏も、良く似た精神状態であったようです。
部屋に入って最初の1曲目はさすがに雲の上の住人でしたが、2曲3曲と進んで行くと、別にスナックで歌うのと変わらなくなってきました。初めてカラオケボックスに行ったのは多分、親友以上の悪友北村氏の死の前後だと思いますが、正確には覚えていません。
ブドウ作りに本腰の4月〜8月は殆どカラオケに行きませんが、9月〜3月は週3回昼から6時間Y氏と交代で歌い続けました。一人35曲以上歌うのはまちがいありません。一昨年、これが最初の年です。
2人ともレパートリが極端に少ないため、レパートリを広げるため手当たり次第というやり方を最初は取ったのですが、どこまで声がでるようになるか、どこまで歌えるようになるか、漠然とした目標が先ず私の頭の中にあって、進む方向はそれを具体化することであったようです。
60代半ばになって初めて歌に取り組んで、どこまで声がでるようになるのか、どこまで歌えるようになるのか、自分たちを素材にしたカラオケ実験を始めたのですが、正直年齢からしてもそう期待はできないだろうとは思っていました。
posted by 明石 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 園主の独り言

歌えない!

なぜカラオケに行く気になったかと言えば、これまでブログに書いてきたように、還暦同窓会を境に、同級生との付き合いが復活したことが原因をつくりました。年に数回一緒に飲みに行くようになって、最後はいつもスナックでカラオケとなります。私は歌は聞くのも歌うのも好きではないので、最初の頃は飲み会はストレスを残したりしましたが、回数を重ねて三年目を過ぎるころには、自分のなかにどこか変化が生じてきました。それまでしぶしぶでも歌わざるを得ない場面で私が歌ってきたのは、高倉健さんの「唐獅子牡丹」「網走番外地」、渡哲也さんの「東京流れ者」「あいつ」のせいぜい4曲で、ほぼ40年もレパートリはこの4曲だけでした。
そこまで言われるなら歌ってやろうと思い始めたのは3〜4年目頃からで、うんざりするような4曲から脱出すべく、レンタル屋に生まれて初めてCDを借りに行きました。
驚いたのはうちの奥さんです。結婚して30年以上になるのにお互いの歌など、姪の結婚式でデュエットしたその1回1曲以外聞いたこともないのに、ある日突然夫がCDを聞きながら歌い始めたからです。歌うどころか歌番組でも毛嫌いしてきただけに、頭がどこかおかしくなったかと奥さんが疑うのももっともです。
きっかけはどうあれやり始めると次第にハマッテ凄まじくなるということが私にはありがちです。飲み会が近づくと毎夜歌のレッスンで、覚えたての歌3〜4曲用意して、意気揚々飲み会に出かけます。
ところがマイクを持ってカラオケに向かうとトラブル発生。歌えないのです。CDとは別物で、キーも編集も違うということが、カラオケには多々あります。CDで覚えてもカラオケ仕様でないと歌えないのかと愕然とした時、カラオケに行く必要を初めて知ったのです。
が、まさか、カラオケに行く気にはさすがになれず、曲を覚えるほどに必要性をますます覚えながら、どこか悶々とした状態がしばらく続きました。
posted by 明石 at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 園主の独り言